マエストロスタッフブログ

断捨離
2018年9月17日 11:54 | トラックバック(0)

先日、帰省をしました。
以前より実家が綺麗になっていたため、母親に訪ねたところ、断捨離を行ったそうです。
ただ、父親の大事にしていた物も捨ててしまったらしく、喧嘩になってしまったそうです。
実家の物を整理することは私も賛成ですが、他の人が大事にしている物を勝手に捨ててしまってはいけませんね。

さて、断捨離とは・・
「もったいない」という固定概念に凝り固まってしまった心を、
ヨガの行法である断行(たんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、
断:入ってくるいらない物を断つ
捨:家にずっとあるいらない物を捨てる
離:物への執着から離れる
(ウィキベディアより)

確かに膨大な物に囲まれていると、物を探したり、使い道を考えたりし、雑念が多くなってしまいます。
捨てる決断をすることは、なかなか難しいですが、勿体ないと思いつつも処分してしまうと、その後、買い物に行ったときに、買ってもすぐ使わずそのまま放置しておくぐらいなら、買わずにおこうという気持ちが不思議と芽生えてきました。
本当に必要な物なのか、じっくり考えてから買い物をするようになります。

捨てる勇気は必要ですが、1度、自分自身で捨てる決断すると、どんどん断捨離が進んでいきますので、一度お試しください!

夏の土用
2018年7月 3日 16:40 | トラックバック(0)

先日、関東地方の梅雨明けが発表されましたね。

このところ真夏日が続いていますが、
私の周りでは、すでに夏バテぎみの症状が出始めているという人もおります。

暑い日が続くと、お料理で、先ずはキッチンで火を使うのが億劫になったり、
献立を考えても、元気になるものをいただかないとならないと感じているのに、
なかなか思い浮かばない時がありますよね。

料理代行を検討されているお客様からよくお聞きするのが
お勤めされている方や小さいお子様がいらっしゃる奥様は、
あまり調理にお時間をかけられないことや、
献立は、ご家族からリクエストがあったとしても、
毎日の組み合わせを考えるとついつい繰り返しになってしまうということ。

ご家族の健康のことを考えばこそ、
お料理が大変になっているとお話しをしていただくことが多いです。

マエストロの料理代行サービスは、
お客様に担当のスタッフさんから献立をご提案することも多いのですが、
例えば、おひなさまの日だったりしたなら、ちらし寿司や蛤のお吸い物など、
クリスマスシーズンには、お肉をメインに洋風なお献立など、
タイミングが合えば、提案させていただくこともあります。

また、お食事は日々のことなので、季節の移り変わりや天候等に合わせて、
今の時期でしたなら、夏野菜や薬味や魚介など、
できるだけ、旬のもの取り入れた献立を心がけております。

今年の夏の土用は、一の丑が7月20日、二の丑が8月1日のようです。
土用の丑の日と言えば、うなぎですが、他にも、
疲労回復や食欲増進など、夏バテ防止に効果的な食材が様々あります。

皆さま、元気に夏を乗り切りましょう !

定期サービスの流れ
2018年5月 2日 18:29 | トラックバック(0)

皆様こんにちは
GWいかがお過ごしですか?

最近、定期サービス (お料理) をお申し込みのお客様のお宅へヒアリングにお伺いしたところ、他の会社でサービスの説明とトライアルを頼んだら、説明はなく、当日はスタッフの方1名だけで、お料理を作って帰って行ったと仰っていました。
また、違うお客様は、定期サービス前提のお試しできてもらったスタッフの方のお料理が美味しかったので、続けていただきたかったが、定期では来られないと言われたと仰っていました。

最近は、ネット上でマッチングなどもできるような会社も沢山ありますが、
マエストロサービスは、残念ながら現時点では、そのようなハイテク機能は取り入れておりません。

【定期サービスの流れ】

①サービスのご説明・ヒアリング
営業担当者がお客様のご自宅にお伺いし、
弊社サービスのご説明・ご要望のヒアリング


②希望の曜日・時間・ご要望内容にあったスタッフの手配
事前にご希望内容をスタッフが把握することで、
担当になってから、作業に対応できないということを防げます。


③お試しサービス
営業担当同行のもと、定期サービスの担当候補のスタッフが実際に作業をさせていただきます。
ここで定期サービスになったときの時間配分や流れを確認します。

↓ 

④定期サービス開始!
お試しサービスで問題が無ければ(内容や時間の調整もできます)
定期サービススタートとなります。

定期サービス開始までに、少しお時間をいただいてしまうこともありますが、
開始後のトラブルなどを無くすため、安心してお任せしていただけるよう、
これからも大事にしていきたいところであります。

※①②は場合により同日でも可能です。





即対応可能エリア情報
2018年3月20日 14:41 | トラックバック(0)

3月から4月にかけては、お引越しや転勤、お子さんのご入園・ご入学など生活を取り巻く環境が大きく変わる方も多く、家事代行サービスのお問合せが1年で最も増える時期です。そして、お問い合わせくださるお客様の中には、「何社か連絡したけど担当できるスタッフがいないと言われた」などとおっしゃるお客様も少なくありません。

そこで弊社では「即対応可能エリア情報」という、早急にサービス開始が可能なエリアの情報を掲載したブログページを開設しました。通常ですと、お客様にご希望のサービス内容や、ご住所、サービスご希望の曜日・時間帯などをお聞きし、そのご希望に対応できそうなスタッフの手配を試みるといった段取りをとりながら、お話を進めさせていただきますが、「即対応可能エリア情報」に掲載されているエリア(場所)、曜日・時間帯であれば、すでにおうかがいできるスタッフがおりますので、早急なサービス開始が可能となっております。

もしお急ぎのサービスをご希望でしたら、「即対応可能エリア情報」をご確認いただき、サービスをご希望の住所(エリア)が掲載されていましたら、すぐに弊社までご連絡ください。また、情報は随時、更新しておりますので、こまめなチェックをお勧めします。

また、「即対応可能エリア情報」に掲載されていない住所(エリア)でも、スタッフがサービスにおうかがいできるエリアは多数ございます(スタッフに勤務可能かどうかの確認をとるため、少々お時間をいただくかと存じます)。お気軽にお問い合わせください。

名もなき家事
2018年2月26日 19:11 | トラックバック(0)

大和ハウス工業株式会社が、全国の「同居のお子様をお持ちの共働き夫婦」を対象に実施した「家事」に関する意識調査をおこなった結果、「家庭での家事分担における夫婦の比率」について、夫は「夫3割:妻7割」で家事を担当していると答える一方で、妻は「夫1割:妻9割」と答え、それぞれが思っている家事分担に大きな意識の差があることがわかりました。
男性も家事に協力的になってきておりますが、まだ女性の方が負担が大きいようです。

家事は「掃除、料理、洗濯」と大まかに分かれていますが、料理の中でも「献立を考える」「買い物する」等、細かく分かれて作業があります。
これらの「名もなき家事」を行っている女性の方が家事の負担が大きくなる傾向にあるようです。

ご家族内で行っている家事を細分化し、生活するうえで行っている家事をご家族で話し合い、「家事の共有化」を行っていくことで、お互いの家事分担が見えてくるでしょう。
ただ、共働きのご家庭が多くなってきている現代では、家族だけでは手がまわらないことの方が多いので、そのような時は家事代行の利用も検討されてはいかがでしょうか!

料理代行
2018年1月23日 13:28 | トラックバック(0)

新年おめでとうございます。

年が明けて、昨晩は、関東地方にも雪が降りました。いちめん真っ白になって、風景はとても美しかったのですが、昨日から今朝にかけて通勤通学など、たいへんだった方も多いのではないでしょうか。

雪が降り、寒くて。。すこし話が飛躍しますが、先日、ちぢみほうれん草をいただきました。

ちぢみほうれん草は、、寒い外気にさらされて栽培されるため、葉がしまって肉厚になっているのですが、甘味や旨みが多く含まれているようです。私は、おひたしでいただくことが多いのですが、確かに、甘くて、味が濃く感じられます。更に、夏のものと比べて、ビタミンCがとても多いのだそうです。旬のものは理にかなっているなーと感心いたします。

マエストロの料理代行をご利用されているお客様やお問い合わせをいただいた方々から、ご希望のお料理のイメージとしてよく伺うのが、凝ったものでないもの、薄めのお味付けで、ということが多いように思います。あと、旬のものを取り入れた家庭料理でしょうか。

お問い合わせをいただきましたなら、先ずは、お客様のお宅にお伺いして(お勤め先などに伺うこともあります)私どものサービスのご説明とお客様のご要望を確認させていただきます。ご希望のサービス曜日、お時間帯はもとより、ふだんから気をつけていること、お好きなもの、お嫌いなもの、食材のご用意のことや献立のご提案についてなど、できるだけ詳しくお聞きしております。

サービスの担当候補が決まりましたなら、日程調整してお試しサービスを実施。
こちらの初回サービスで、キッチンの使い方をお聞きして、お料理のお味見をしていただき、お好みのお味に整えます。
あとは日程など調整して、よろしければ、定期サービスのご継続となります。

今までサービスをご利用されたことのある方や家事代行や料理代行がずっと気になっていたけれど、ご利用したことがなかったという方からもお問い合わせを多くいただいております。

家事をアウトソースするという発想。

ご興味のある方は、ぜひ、お気軽にお問い合わせくださいませ。

スポットサービス
2017年12月 5日 16:49 | トラックバック(0)

早いもので、2017年も残りわずかとなりました。
個人的に、近々引越しを控えており、増えすぎた荷物と日々格闘しております。
そして、大掃除・・・
日頃の定期的なお掃除の大切さを、ここにきて身にしみて感じております。

・・・そうだ!スポットサービスを頼もう!!

スポットサービスは、ご希望のお日にちに、3時間~お伺いするサービスです。

今回の私のように、引越しまでに掃除を頼みたい!
週末、来客があるから、それまでにきれいに!!
など、さまざまな理由でご利用頂いております。

また、定期サービスも興味あるけれど、いきなり頼むのはちょっと不安・・
という方に、家事代行サービスの入り口としてご依頼いただいたり、
定期サービスにしたいけど、不定期で予定が読めないという方は、
月1回、2回など定期的にスポットサービスをご利用いただいております。

時期的にも、ちょうど大掃除の時期ですので、
ご興味のある方は、この機会に一度ご利用されてみてはいかがでしょうか?

お電話、またはHPより、お気軽にお問い合わせ下さい。

※お早いお申し込みですと、スタッフの手配が整いやすくございます。
 日程またはエリア等により、スタッフの手配が整わない場合がございます。
 予め、ご了承下さい。


家事代行会社を選ぶポイント
2017年11月 6日 16:38 | トラックバック(0)

家事代行会社を選ぶポイントは、料金やサービスの内容、クオリティなど、お客様によってさまざまです。一方、家事代行サービスを利用するお客様が最も不安に思うことは「他人を自宅に入れるということ」。自宅には他人に見られたくないものや知られたくないものがあるでしょうし、スタッフの悪意や不注意がお客様にとって重大な不利益につながる可能性があることも否定できません

私は仕事柄(スタッフの採用を担当しています。)、同業他社の求人情報もよく見ますが、中には「履歴書不要」という求人情報も見かけます。そういった求人情報を見かけると、どうやって応募者の信用を確認しているのだろう、と考えてしまいます。履歴書には応募者の基本情報が書かれていて、それを自身が書き、提出することで、応募者への最初の信用を生み出すとても大事なものだと考えています。

家事代行サービスは信用という土台の上に成り立つサービスです。お客様にとっても、信用できるスタッフを雇っている会社かどうかは家事代行会社を選ぶ大きなポイントではないでしょうか。家事代行会社を選ぶポイントとして、スタッフの雇用プロセスを尋ねてみるのも信用を確認するのによいのではないでしょうか。

家事代行の移民政策
2015年2月20日 07:32 | トラックバック(0)

2015年に入ってもう2カ月が経とうとしています。

最近移民政策が話題に上ることが多いようです。論調としては、家事代行やベビーシッターは高いので、フィリピン人を受け入れて、価格を下げろ、というもの。これは大きな間違いです。

まず、日本で働く場合は、それが外国人であっても最低給与というものが存在します。金額は自治体によって異なります。東京の場合は平成26年10月で888円です。約900円として、これで働く人がいるでしょうか?いません。なぜなら、家事代行の仕事は、一現場、おおむね2時間から3時間といった単位での仕事が多く、移動に片道一時間かかるとすると、往復2時間。1現場2時間の場合は、実稼働2時間でも拘束時間は4時間。2現場の場合でも6時間です。2時間の実稼働で1800円稼いで、4時間拘束の場合は実質時給で450円。2現場で4時間稼働、7時間拘束の場合でも、4600円/7hr=657円。これで働く人はいません。現在の家事代行業者の平均賃金が大体1200~1400円なのは、この辺を考慮してのことで、これが外国人労働者になったからといって大きく変わることはありません。Huffington Post の引用はこちら。

■現状のベビーシッターや家事代行の利用料金は高い

現在の日本で提供されているベビーシッターや家事代行サービスは、利用料金が高いことが指摘されている。

リクルートワークス研究所が2013年11月に発表した提言では、現状の日本の状況について「日本の男性の家事参加率は世界最低水準だが、それを急に高めることは難しい」として、家事・育児の受け皿を産業として整備する必要があると強調されている。

しかし提言では、現状ではベビーシッターや家事代行サービスの利用料金が高く、一般的な家庭では活用が難しいことが指摘されている。首都圏では1時間あたり、ベビーシッターサービス利用料が2000〜2500円、家事代行サービスが3500〜5000円と高額なためだ。リクルートワークス研究所は、コストダウンの方法として、ベビーシッターや家事代行サービスに従事する外国人労働者の受け入れをあげている。


ただし、一般論として、移民に限らず労働力の増加が、需要増を超えれば賃金は下がりますので、そういう効果は当然期待できます。

家事代行のマエストロサービス




家事代行マッチングサイト
2013年11月 2日 21:27 | トラックバック(0)

8月に、家事代行のマッチングサイト「家事代行ひろば」をリリースいたしまして、各方面から様々な反響を頂いております。

もっとも多いのは、同業の方々からの「何考えてんだ!!」というお怒りコメントw
ですが、この場で力強く宣言いたします。

我々、仲介業者とは客層が全く違うので、ご安心ください!

私が8年ほど前に、この仕事を始めた時に作った未来予想メモ「2015年の家事代行業界」というものがありまして、そこには力強く「市場は100億円に達する」だの、「利用者は100万人を超える」だのが、ツラツラと書かれているのですが、概ね妄想で終わっています。(新しいことを始めるときは、これくらいポジティブでなければだめですよね!)

マーケットの広がりが期待以下である理由は様々考えられて、リーマンショックや、地震の影響といった、世の中一般で言われている外部要因も多少影響しているとは思いますが、本質的には無関係で、1点に収斂されると考えます。

つまり、まだまだ「価格が高い」のです。

※あくまで実感ベースです。アンケートを取ったわけではありません。

価格についてですが、まず定期利用時の利用金額は平均でざっくり2600円/h、毎週2時間利用時の交通費込み支払額は2600円*2h*4回+1000*4=24,800円。これに税金を加えて26000円程度でしょうか。これは過去15年位変わっていません。これだと、ライフステージにもよりますが、処分所得ベースで月30万円位+仕事がすごく忙しい、で利用検討を始める感じかと思われます。ボーナスはとっておきたいと考えると、夫婦で働いて世帯収入1200万。なーんだ、これならたくさんいるんじゃないの、と思いきや、ローンが・・・、子供の学費が・・・、老後の貯蓄が・・・ということになると、自分で出来る作業は家庭内の固定人件費で内製化、ということになります。(参考:私の大好きな 大手小町より)

ではいくらなら心理的に抵抗感なく使えるの?というと、独自調査によると、一気に予算1万円/month、ということらしいです。これだと確かに一気に利用者は増えるでしょう。しかし、通費を差し引いて一回1500円では、サービス提供業者としてはそもそも原価割れ赤字となり、商売として成り立ちません。普通やっている限りここまで価格は下がらないということになります。

それではダイレクトマッチングだ、ということになり、今回実験的に運用をしているわけですが、安ければ、安いなりにしっかりとトラブルも起きています。このサイトでは、利用時に、トラブルの解決は利用者同士で行う旨明記していますので、運営者にクレームが寄せられるのですが、原則として対応していません。こうしたトラブルを避けたい方は、引き続き我々のような業者サービスを選択することになります。マエストロの方の問い合わせ数が、サイトオープンの前後で変わらないところを見ると、お客様も違いを理解した上で、使い分けをされているようです。

ということで、繰り返しますが、マッチングサイトは、これまで価格がネックで使ったことがなかった方に、門戸を開く存在であって、既存の業者サービスと競合するものではない、とここに断言いたします!w






PAGE TOP